疲れが取れないときは運動??

「疲れが取れないときほど運動したほうがいいって本当?」
と聞くとちょっと信じがたいですよね。

 

 

疲れているときに運動なんてしたら余計疲れるし、
そのあと、さらに疲れたら・・・汗

 

なんて考えるとちょっとやる気が起きないですよね。

 

本当のところ、疲れているときほど運動をしたほうがいいです!
と言っても、

 

運動不足の場合です。

 

運動で疲れているときは、体を休めてくださいね!

 

今までの運動の効果としては
「運動をするとストレス解消になるし、血流も良くなるので
疲労物質を血流が流して、そして、体が楽になるんですよ」

 

となんともざっくりとした効果の説明だったんですが、
最近、疲労の原因が突き止められました!

 

それはFF(ファティーグ・ファクター)という、疲労物質が
活性酸素に傷つけられた細胞から出てきて
FFが出てくることで私たちの体は「疲れ」を
感じます。

 

そして、このFFが体から消えない状態で貯まってしまうと
「寝ても疲れが取れない・・・涙」
という状態になってしまいます。

 

つまり、疲れない体になるには、このFFをその日に取るのか?
が大事になってきます。

 

 

で、FFが生まれた日に生まれたFFを取り除く方法が

 

軽い運動です。

 

ちなみに、デスクワークでも疲れます。
頭を使うと大量の酸素を消費します。

 

活性酸素は使った酸素の2%が活性酸素になることが
わかっています。